シルクホースクラブで出資している馬を中心にとりあえず思ったことを書いてみよう。


by クロロ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ローブティサージュ テレサ情報

東京11R オークス GⅠ  [芝2,400m・18頭]9着[7人気]

岩田騎手
本当は中団ぐらいに付けたかったけど、ゲートをボコンと出てしまいました。
せめて勝ち馬の後ぐらいに付けられれば良かったのですが・・。
馬の状態は良かったと思いますし、最後も脚は使っているんですよ。
ただ我が強いですね。返し馬からゲート裏までは良かったけど、ゲート入りの時に我が出てきました。
気性的な成長がほしいですね。
でもその辺りは今後必ず良くなってくるはずです

須貝師
ハミを噛んだり抜いたりでしたね。
あれだけ抜き差ししていれば、反応が鈍りますよ。
テンからフワッと抜けて走れないと長距離は保たないです。
位置取りは悪くなかったと思います。
欲を言えば勝ち馬の次ぐらいに付けられたら、また違ったかもしれません。
夏場はノーザンファーム空港に戻し、体を大きくしてもらい、秋に巻き返しを図りたいと思います

ローブティサージュは先週9着でした。
まずまずのスタートから、道中は中団の後ろあたりを追走、3・4コーナー中間あたりから徐々に押し上げ、直線では馬場の内目から脚を伸ばしましたが、上位を窺うまでには至りませんでした。
調教師は「ゲートを出てから少しハミを噛んでしまい、岩田騎手も折り合いに気を付けたので、結果的に位置取りが思っていたより後方になってしまいましたね。
ゲートを出たぐらいの位置で競馬が出来ていれば、十分良い競馬をしていたと思いますが、残念ですが次に気持ちを切り替えてやって行くしかないですね。
この後は23日にしがらきへ放牧に出して、状態を見て北海道の方に移動させる予定です」と話しています。

ローブティサージュは23日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧されると、到着後はウォーキングマシンの調整です。
調教主任は「23日にこちらに戻ってきましたが、前回ほど体は寂しくなっていないですね。
結果は残念でしたが、馬体はフックラして良く見えていたものの、万全の状態だったかと言うと、正直何とも言えない部分もあるので、気持ちを切り替えて秋に期待しましょう」と話し、厩舎長は「この後は2週間ぐらいで北海道に移動することが決まっているので、輸送のことも考慮して、ウォーキングマシンでゆっくりさせておこうと思います。
馬体重は433㎏です」と話しています。

もっと前でレースを運んでくれると思ったんですけどね~。
折り合いを意識して位置取りが悪くなったみたいですし、テン乗りの悪い面が出ちゃったんかな。
これが秋山騎手なら・・・とか思はなくはないですが、勝ちにいくと決めて岩田騎手を選択した訳ですからこればっかりはしゃー無いですね。
今後は秋に備えて心身共にリフレッシュを・・・とか思ってたんですが、クイーンSを使うとかいう話もあるみたい。
初勝利と同じ条件ですから悪くないと思うんですが、夏場は春の疲れを取って成長を促して欲しいってのが正直なところ。
ローテーション的にはローズS→秋華賞よりはクイーンS→秋華賞の方が、ちょっと期間が空くけれどゆったりしてていいんですけどね。
まあ、あくまでローブの状態次第ってことでお願いしますね。
[PR]
by private-account | 2013-05-26 23:43 | ローブティサージュ