シルクホースクラブで出資している馬を中心にとりあえず思ったことを書いてみよう。


by クロロ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

アンタイドは北海道の山田ステーブルで調整中です。
ミニトラックでダクとキャンターを5,000m乗った後、坂路コースでキャンター2本の調教
をつけられています。
牧場長は「引き続き先週も長目をじっくり乗りました。
ここへきて馬体もひと回り大きくなりましたし、2歳馬は競馬を使うと、ガラッと成長します
ね」と話しています。

相変わらず山田Sの場長は良いコメントをくれますね。
復帰後の活躍に期待したいです。
一番の問題になりそうな気性面の改善はどうなのかな?
気性面には泣かされることが多いですから心配です。
[PR]
by private-account | 2007-08-30 08:43 | 引退馬
ライヴリーデイズは天栄ホースパークで坂路と本馬場を併用して乗り込んでいました
が、先週は軽い熱発を起こした為、マシンの運動に切り替えて様子を見ています。
牧場長は「一息入れて熱はほぼ治まっていますし、特に影響は見られません。
すぐに調教に戻せると思います」と話しています。

軽い熱発ですか・・・時期が時期だけに馬インフルエンザを連想しちゃいますが、大丈夫ですよね???
秋口の入厩と思ってましたが、もうちょっとかかりそうです。
[PR]
by private-account | 2007-08-30 08:37 | 引退馬
ウィザードは栃木県の芳賀牧場で療養中です。
午前中はパドック放牧を行い、30分程度の引き運動を行った後、プール調教も行って
います。
牧場長は「当初は入れ込んでいましたが、だいぶ環境にも慣れてきたようです。
プールも気持ち良さそうに泳いでいて、リラックスしています。
患部はまだ熱感がある状態で、現在は冷水治療を中心に行っています」と話しています。

患部にまだ熱感があるなどあんまり良い状態じゃなさそうな感じですね。
たいしたこと無ければいいんですが・・・獣医の先生のコメントが欲しいところです。
[PR]
by private-account | 2007-08-24 21:00 | 引退馬
エフォートは天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,400m
の調整です。
右トモの状態を確認しながら、先週も本馬場中心に軽めの調整を行うと、牧場長は
「トモの浮腫みも徐々に治まってきていますが、まだ進められる状態ではありません。
もう少し我慢して乗っていきます」と話しています。

なかなか浮腫みが完治しませんね。
前にも書いてますが、こう長引いてしまうのなら一旦完全休養するなりの措置を取って欲しいもんです。
最初から治療の出来る施設に入っていれば、正直なところ復帰はもっと早かったのでは?
と思っちゃいますね。
[PR]
by private-account | 2007-08-24 20:59 | 引退馬
マタドールは坂路コースでキャンターの調整です。調教師は「ソエを焼きながら普通に
乗っているけど、大丈夫そうだね。
またどこか良い条件を探して登録していきます」と話しています。

ソエが大丈夫なのは良いことですが、結構悠長なコメントですね。
もう後が無い状況なんですが・・・焦っているのは出資者だけなのかな?
[PR]
by private-account | 2007-08-24 20:49 | 引退馬
レセプションは函館競馬場で軽めの運動の調整です。この中間も体調面等に変わりあり
ませんが、軽めの運動を中心のメニューで、今のところ再来週の札幌、ダート1,000m
を目標に調整していく予定となっています。

軽めの調整は開催中止の可能性も考えてのことだったんでしょうか?
今のところ馬インフルエンザには罹っていないようですので、とにかくこのまま順調にいってほしいですね。
[PR]
by private-account | 2007-08-24 20:46 | 引退馬
ウィザードは栃木県の芳賀牧場で療養中です。
午前中はパドック放牧を行った後、30分程度の引き運動を行っています。
牧場長は「確かに脚元はモヤモヤした感じで、いやらしいですね。
大事にやっていかないと怪我につながってしまうと思います。
4〜6週間程度は運動とプール中心にやっていき、温泉にも入れていきます」と話して
います。

脚元はちょっと嫌な感じですね。
ただし早めに判明したのは不幸中の幸いです。
ここはゆっくり休んできちっと治してもらいましょう。
[PR]
by private-account | 2007-08-19 03:39 | 引退馬
レセプションは北海道のグランデファームでキャンターの調教を付けられると、確認
した調教師の指示で、10日に函館競馬場へ帰厩しています。
到着後も特に変わりは無い様で、今のところ次開催の札幌1週目、ダート1,000mを
目標に調整を進めていく予定となっています。

こちらも馬インフルエンザの影響が気になりますね。
次走は9/9予定ですから開催については微妙な気もしますが、それ以上に函館入厩馬にも感染しているってのがねー。
レセプション自身が感染・発症で熱発ともなればレースどころじゃないですからね。
何もなければ良いんですが、クラブは所属馬に関してキッチリ把握し、状況報告をこまめにしてもらいたいですね。
JRAのように感染馬の報告はしないなんて事の無い様にお願いします。
[PR]
by private-account | 2007-08-19 03:34 | 引退馬
マタドールはレース後も順調で、軽めの運動の調整です。調教師は「時計が速かったし、
メンバーも強かったね。
勝ち馬に付いていったから、最後は止まってしまいました。
距離はこれぐらいが良さそうだから、また交流戦で良い番組を探して登録します。
使ったあと両前にソエが出てしまったので、軽く焼きながら乗っていきます」と話しています。

馬インフルエンザによる影響で今後の開催の見通しが立ちませんね。
3歳未勝利馬に対する扱いがどうなるのかが気になりますが、一番後回しにされそうな立場のような気もしますし、最悪はこのまま走ることなく未勝利戦が終わってしまうこともあるんでしょうか?
非常に厳しい状況ですが、事態がはやく終息してもらうしか手は無いので、関係者のみなさん頑張って下さい。
[PR]
by private-account | 2007-08-19 03:17 | 引退馬
ロワイヤルはフレグモーネが見られた為、函館競馬場の馬房で休養すると、調教師
は「前走で右前脚に擦り傷を作って、そこにバイ菌が入ってフレグモーネになっている
ので、治療に専念して様子を見ています。
症状はそれほど酷くありませんが、未勝利戦がある内にもう一度使う事は難しそうですし、
進退を検討しましょう」と話し、引退の打診があった為、協議を行った結果、誠に残念なが
らこのまま引退させる事が決まり、15日に抹消の手続きが取られています。
尚、出資会員の皆様には後日書面でご報告致します。

トワイライトに続きロワイヤルも脚元のトラブルで引退・・・ショックやなー・・・
正直もうちょっと何とかならなかったのかなーってのもありますが、まずはお疲れさまでした。

引退決定までの早さから、実は繁殖行きが既に決まっているなんて都合の良いことを考えたりしてますが、あとは何とか繁殖にあがって欲しいですね。
[PR]
by private-account | 2007-08-19 02:59 | 引退馬