シルクホースクラブで出資している馬を中心にとりあえず思ったことを書いてみよう。


by クロロ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

シュヴァルツローゼは北海道・ノーザンファーム空港で変わりなく調整を進めると、牧場スタッフは「先生から連絡があり、天栄経由で今週帰厩することになりました。
早い所を始めてからも問題なくメニューをこなせましたし、この馬なりに成長も窺えますので、休養前とは一味違う競馬を見せてほしいですね」と話し、23日に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動して、確認した調教師の指示で、24日に栗東へ帰厩しています。

ようやく帰ってきましたね。
どこまで成長してるかですが、時間が無いんで、ホンマよろしゅう頼んます。
[PR]
by private-account | 2013-05-27 00:16 | 引退馬
フリティラリアは福島県・ノーザンファーム天栄在厩。
トレッドミルの調教と周回コースで軽めのキャンターの調教をそれぞれ一日置きに行っています。
調教担当者は「状態としては良いと思います。
この馬は強めは必要ないと思うので、ペースは上げていませんが、距離は徐々に延ばして乗っています。
近いうちに帰厩になると思います」と話しています。

やっぱ東京で使うようですね。
状態は良いようですが、数を使えないタイプで住んで、慎重にレース選択お願いします。
[PR]
by private-account | 2013-05-27 00:14
リズミカルステップは千葉県・千代田牧場在厩。中間、疲れが見られた為、軽めの運動で様子を見ています。
牧場長は「まだそれほどピッチは上げていなかったのですが、中1週で2戦した疲れがここに来て表に出てきたようなので、中間は軽めで様子を見ています。
全体的に疲れが見受けられ、動きが硬いですし、いつもは元気一杯な馬が、もう一つ覇気に欠ける印象です。
前走後にモヤついた右前の球節に関しても、骨や筋などに異常は見られませんが、全く気にならないという感じではないですね。
今の状態だと、時間を掛けて立て直さないと、なかなか帰厩の目処は立たないかも知れません」と話しています。
これを受け、今後について検討を行った結果、レースに復帰するにはある程度の時間が掛かる可能性が高く、また年齢面なども考慮して、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。
近日中に抹消の手続きが取られる予定となっています。

ケガから復帰後はなかなか結果を出せなかったんですが、ここに来てようやく力を出せるようになってきてたんですけどね。
年齢の事もありますし仕方ないですかね。
本当にお疲れ様でした。
[PR]
by private-account | 2013-05-27 00:10 | 引退馬
ローブデソワは坂路コースでキャンターの調整です。
調教師は「坂路で乗った後にゲート練習を始めています。
初日は消音で軽く出して、2日目は普通の所を出してみましたが、反応良く出てくれたので、かなり物覚えは良いですね。
ただ、こちらで進めるにつれて、とても前向きな面が出だしてきているので、あまり練習するよりは、早めに試験を受けた方が良さそうですね」と話し、調教助手は「ダートコースを走らせていても、特に捌きが硬いこともないので、問題なさそうです。
気は悪くないけど、周りの音などに少し反応している所が見られたので、今日からメンコを着けて調教をしています。
前日よりは落ち着いてくれて、ゲート練習の時も無難にこなしてくれていました。
これからやり出してどれだけテンションが上がるか分かりませんが、牝馬だし、競馬に行って良い方に向いてくれるんじゃないかな」と話しています。

精神面がちょいと気になるコメントですが、今のところ順調に進めてますね。
デビューはやっぱダートなんかな?
[PR]
by private-account | 2013-05-26 23:51 | ローブデソワ
ラステラッサは滋賀県・吉澤ステーブルWESTで変わりなく調整を進めると、確認した調教師の指示で、21日に栗東へ帰厩しています。
到着後は坂路コースでキャンターの調整で、23日に併せて時計を出しており、調教師は「体もかなりフックラして、良い状態で戻ってきましたね。
今週末から早速地方交流戦に申し込んで行こうと思います。
もし入らなければ、阪神で使っても良い様に進めて行きますが、交流戦を本線に考えて行きたいと思います」と話しています。

交流戦でまずは確実に勝ちを拾って欲しいところです。
時間も無くなって来ているので、1回使ってはい放牧は出来れば勘弁して下さいね。
[PR]
by private-account | 2013-05-26 23:49
東京11R オークス GⅠ  [芝2,400m・18頭]9着[7人気]

岩田騎手
本当は中団ぐらいに付けたかったけど、ゲートをボコンと出てしまいました。
せめて勝ち馬の後ぐらいに付けられれば良かったのですが・・。
馬の状態は良かったと思いますし、最後も脚は使っているんですよ。
ただ我が強いですね。返し馬からゲート裏までは良かったけど、ゲート入りの時に我が出てきました。
気性的な成長がほしいですね。
でもその辺りは今後必ず良くなってくるはずです

須貝師
ハミを噛んだり抜いたりでしたね。
あれだけ抜き差ししていれば、反応が鈍りますよ。
テンからフワッと抜けて走れないと長距離は保たないです。
位置取りは悪くなかったと思います。
欲を言えば勝ち馬の次ぐらいに付けられたら、また違ったかもしれません。
夏場はノーザンファーム空港に戻し、体を大きくしてもらい、秋に巻き返しを図りたいと思います

ローブティサージュは先週9着でした。
まずまずのスタートから、道中は中団の後ろあたりを追走、3・4コーナー中間あたりから徐々に押し上げ、直線では馬場の内目から脚を伸ばしましたが、上位を窺うまでには至りませんでした。
調教師は「ゲートを出てから少しハミを噛んでしまい、岩田騎手も折り合いに気を付けたので、結果的に位置取りが思っていたより後方になってしまいましたね。
ゲートを出たぐらいの位置で競馬が出来ていれば、十分良い競馬をしていたと思いますが、残念ですが次に気持ちを切り替えてやって行くしかないですね。
この後は23日にしがらきへ放牧に出して、状態を見て北海道の方に移動させる予定です」と話しています。

ローブティサージュは23日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧されると、到着後はウォーキングマシンの調整です。
調教主任は「23日にこちらに戻ってきましたが、前回ほど体は寂しくなっていないですね。
結果は残念でしたが、馬体はフックラして良く見えていたものの、万全の状態だったかと言うと、正直何とも言えない部分もあるので、気持ちを切り替えて秋に期待しましょう」と話し、厩舎長は「この後は2週間ぐらいで北海道に移動することが決まっているので、輸送のことも考慮して、ウォーキングマシンでゆっくりさせておこうと思います。
馬体重は433㎏です」と話しています。

もっと前でレースを運んでくれると思ったんですけどね~。
折り合いを意識して位置取りが悪くなったみたいですし、テン乗りの悪い面が出ちゃったんかな。
これが秋山騎手なら・・・とか思はなくはないですが、勝ちにいくと決めて岩田騎手を選択した訳ですからこればっかりはしゃー無いですね。
今後は秋に備えて心身共にリフレッシュを・・・とか思ってたんですが、クイーンSを使うとかいう話もあるみたい。
初勝利と同じ条件ですから悪くないと思うんですが、夏場は春の疲れを取って成長を促して欲しいってのが正直なところ。
ローテーション的にはローズS→秋華賞よりはクイーンS→秋華賞の方が、ちょっと期間が空くけれどゆったりしてていいんですけどね。
まあ、あくまでローブの状態次第ってことでお願いしますね。
[PR]
by private-account | 2013-05-26 23:43 | ローブティサージュ
ローブティサージュは坂路コースでキャンターの調整で、15日に併せて時計を出しています。
調教助手は「先週ビッシリやっているので、今週は相手に併せて終始馬なりでゴールしました。
前半併せに行くと、少しハミを噛んで掛かり気味になりましたが、すぐに折り合いも付いたし、とてもリラックスして走っていました。
今回は桜花賞から800m距離が延びますが、目標はオークスだと思って、新馬戦は1,800mを使ったぐらいなので、距離は十分守備範囲だと思います」と話しており、今週日曜日の東京・オークスに出走を予定しています。

東京11R オークス GⅠ (芝2,400m)
18頭5枠9番 55kg 岩田     発走15:40
桜花賞を使った後は放牧を挟んで調整され、牝馬ナンバー1決定戦であるこの一戦に向けて態勢を整えており、調教助手は「今回は前回と違ってイラつく所も見られないし、状態に関してはチューリップ賞より桜花賞、桜花賞よりは間違いなく今回ですね。
良い雰囲気で最終追い切りもこなしてくれたし、あとは無事に輸送をこなしてくれれば、力を発揮してくれる筈なので、2歳女王の復活を期待したいですね」と話し、厩務員は「先週ビッシリやったことで、さすがに体は減ってしまいましたが、16日の馬体計測では442㎏なので、あとは輸送でどれだけ維持出来るかですね。
普段は本当に大人しい子なのに、瞬間湯沸かし器の様な面を持っているのですが、落ち着いて競馬に行ければ、今回は十分力を出してくれると思います。
前走は体を気にしながらの調整でしたが、今回はしっかり攻めをこなしてくれたので、そのあたりはかなり良い方に向いてくれると思います。
折り合いに苦労しないし、距離延長は心配ないと思うので、なんとか良い結果を出して栗東に戻ってきたいですね」と話しています。


体重を気にしながらの調整でしたが、桜花賞時よりも良さそうとのことで、一安心です。
輸送についてもデビューの時も函館まで移動してレースして勝ってますし、案外大丈夫なんかなと思います。
距離延長がプラスになりそう、鞍上強化(リーディング的に)とか考えても穴馬としてかなり面白い存在ちゃうかなと(2歳女王が穴馬ってのは考えもんかもですが・・・)。

瞬発力勝負の用意ドンはちょっと分が悪そうなので、クロフネが引っ張ってながれる展開になってくれれば良いんですけどね。

G1ですからメンバーが強力なのは当たり前。
ただ、展開次第ではあっといわせてくれる場面もあると思いますし、かなり期待しています。
とにかく岩田騎手には悔いの無い騎乗をお願いしたいです。
人気は入らないんで1着お願いしま~す!
[PR]
by private-account | 2013-05-18 17:28 | ローブティサージュ
スペシャルギフトは北海道・ノーザンファーム早来在厩。
週3日はフラットワークを行った後、屋内坂路でハロン15秒のキャンター1本、残りの3日は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2,000mの調教を行っています。
担当者は「15〜16秒の調教にも慣れ、体重は500㎏を超えてきたので、時計を少し詰めました。
負荷を高めても余裕を持って対応できており、登坂後すぐに戻る息遣いや仕草に頼もしさを感じています。
馬体も引き締まってきて、496㎏と充実しています。
15秒のメニューを継続することによって、さらに変貌を遂げてくれそうです」と話しています。

こちらはしごく順調。
引き続きよろしくお願いします。
[PR]
by private-account | 2013-05-18 16:56 | スペシャルギフト
グレンロックは北海道・ノーザンファーム空港在厩。
この中間も順調で、毎日ロンギ場でフラットワークを行っています。
担当者は「2週間ほど運動を制限していますが、馬体重の増加が1㎏と、あまり変わってこないことからも、少し繊細な面がある本馬には、早めの対処が効果的だったと再認識しています。
幸い大幅に体が減ることもなく維持できているので、引き続き精神面のケアもしっかり行いながら軽めの運動も継続し、馬体重の増加を目安に運動の負荷を強めていこうと思っています。
馬体重は478㎏です」と話しています。

気性面で不安の残るコメント・・・ちょっと心配ですね。
[PR]
by private-account | 2013-05-18 16:54
ラステラッサは滋賀県・吉澤ステーブルWEST在厩。
角馬場でダクを10分、周回コースでキャンター1,500m、坂路1本の調教を付けられています。
担当者は「早ければ今週帰厩する予定でしたが、入れ替えの馬の都合で、来週以降になったみたいです。
引き続き周回コースと坂路1本を毎日乗り込んでいますが、速い所をこなした後でも、心身共にとても状態が良いのが窺えますよ。
体も464㎏と、競馬を使っていた時よりかなりフックラしているので、いつ声が掛かっても行ける状態にありますよ」と話しています。

状態が良いなら早めに、出来れば続けて使って欲しいとこですけどね。
時間もなくなってきますし、そろそろビシッと決めてくれんかな?
[PR]
by private-account | 2013-05-18 16:46